遅すぎる見直し

最近、ようやく文部省は不登校の対応を変え始めています。

Openbaseも載せていただいたことのある不登校新聞の石井さんの書かれた記事です。

不登校の子にかかわっている親御さん、支援者、昔から学校に疑問を持っていた人には遅すぎる見直しと感じられると思っています。

時代が変わるまでに、必要のない罪悪感や社会の目で苦しんできた人数はデータに出ているだけではないでしょう。
不登校とは別の問題に見える「学校内でのいじめ」や「成績しか人間の価値の指標にしない就職活動」などの問題だって、もっと学校自体が「絶対・唯一」の場所でなければ救われた人もたくさんいるでしょう。

とはいえ、ずっと見直しされないより、進展してるってこと。多様な学び(という漠然とした表現はすきではないけど)が一気に進む時代かもしれません。

主役はだれ? こどもがようやく主役になれる時代に

「学校へ戻す」といっていた段階で、主役は学校でこどもたちの気持ちは後回しの時代が長く続いたと思います。

こどもをメインに考えたら「学校へ戻す」ことが、どれほど「こどもにとって」正解ではないことかよくわかる。学校にとってはもちろん「学校へ戻すこと」が正解でしょう。

だれをメインに考えるかによって、正解は違う。
学校はこどもたちが学ぶ場所であって、こどもがメインであるべきで。
こどもにとって、学ぶことは権利であって義務ではない。
親にとっての「教育を与える義務」=「子供が学校に通うのが義務」とは違う。

オトナも含めて、人生はそれぞれのもの。
時間もそれぞれのもの。
それを学校というものが自由に使っていい時代はもう終わり。

こどもが学びたい「場所」と「コト」を選べる時代になってきたということだろう。

様々な学びの場ができることで「学校」も選ばれるような魅力的なものにならないと淘汰されていくのではないかと思います。

 

OPENBASEも参加しているイクミナルの交流会のお知らせ→

OPENBASE 9月の予定と夏休みのイベント→

Follow me!