不登校対応に一番大事なこと。

不登校対応に一番大事なこと。

特に主導してなにかをすることが別に好きではない自分が、不登校の居場所活動を始めて数年。 ・こどもに変われというのは大人の勝手 ・対話のできない教育機関・公的機関 ・絶対数が少ないので理解される機会がない 不登校だから、社会に出たときに大丈夫なようにいろんな資格を、いろんな経験を。そう考えたことがなかったわけではないです...

学校と不登校 変わりつつある距離感

学校と不登校 変わりつつある距離感

今日はオンライン交流会の日でした。と、同時に今年度初のOPENBASE@すぎのこ保育園でした。日にちを勘違いしていて、両方予定がかぶる状態となってしまったのですが、今回のトピックは「学校・先生との協力体制」 でした。   ここ数ヶ月、だいぶ学校の不登校に対する対応も変わってきたなと感じています。親だって、でき...

OPENBASEができたわけを振り返る~居場所活動だけにできない理由~

OPENBASEができたわけを振り返る~居場所活動だけにできない理由~

きかれる機会が増えたので改めて考えてみる 最近、新しく知り合うかたが増えて(いまだクラファンの表示もついている)名刺をお渡ししながら聞かれることがあります。 どうしてこういう活動を始めたんですか? ということ。 それは、単純に行ったら公・民どちらも理解のある相談機関や必要な居場所がなかったから作らざるを得なかったという...

Return Top