学校のドリルが、不登校の親に教えてくれたこと。

 

前回のブログで、学校へ興味が全くないわけではないこどもたちも不登校にならざるを得なかった今までがあることについて書きましたが、勉強に関してもそうです。

勉強は意外と好きな子が多いです。が、塾などに通わない場合、とりあえず学校からもらったドリル等をやることが多いのではないでしょうか。ホームスクールなども認められつつありますが、全世帯の不登校の親が、そのスキル・時間・興味、があるわけではなく、結果、既存の学習方法を利用することになると思います。

久々に、算数・数学をやりたくなったらしく、問題を解き、〇つけを頼まれたのですが、
×にしきれない。

というのは、親心で、というのではなくて、「問題にあいまいさ」が残りすぎる。
例えば、ですが、〇〇の2倍の△△を書け、とか求めよ、みたいな問題。

指導要綱では、まだ**の単元はならってないだろうから、この書き方でよい、と教科書会社は思っているのかもしれません。

長さしか、ならってないからそれしかないでしょう、みたいな。

でも、多面的に見れる子は、たとえ面積や角度を習っていなかったとしても、
「この線?線と線の間?(角度)面積?どれが2倍ってこと???」
っていろいろ考える。

回答は一つだから、違う考え方した経過は無視して、答えが違ったら×。
この「経過」。
一番大事なところ無視していいんですかね?
そして、こんなに多面的に答えを見つけることに興味があるのに、×ってつけて、勉強に対する自信を失って勉強嫌いになっていいんでしょうかね。

せっかくやる気になったのに、「ドリルの自己否定への威力」に負けそうなので、
なにか「解く楽しみ」「勉強のなかの達成する楽しみ」を持ったままでいれそうなもの、を探そうと思います。

本当は、ホームスクールというか、親が教えればよいのでしょうが、
親子だと揉めます(笑) (少なくともうちの場合は)

わかってるってばー!とか、今やろうと思ってたのに、、とか。
関係が近いからこそ、難しい部分も。

単一の回答、点数が良い、が価値がある、学校のなかでは、
多面的に見えていても、そこを口に出すと「言い訳」みたいになってしまいますよね。

不登校の子が、外からみると意外に(でも当たり前に)「勉強が好き」な子が多いのは、
本来、様々な視点でみれる「学び」をそのままに、やっていけることなのかもしれません。

不登校になって心配すべきは、社会性でもなく、将来でもなく、「学び」が嫌いにならないようにすることなのかもしれません。

学校は嫌ってもいいので、学びは嫌いにならないでください✨っていうところでしょうか(笑)

****こちらもやっています。まずは地方に選択肢や気軽な相談場所がない問題を解消したい。移動式フリースクール兼きがるに相談できるイベントなどでの相談カフェを開催したい!クラウドファンディングご協力のお願い****

次回のOPENBASEは 10月9日(火)@すぎのこ保育園 10時半から

( ..)φ 10月8日には、クラファン説明会をするよ!カーシェアリング、共同出店に関心のある方、ぜひお話聞きに来てください!フリースクール活動を行わない日のイベントカーの活用方法として、シェアを考えています。📓  お申込み・質問などはopenbase8nohe@gmail.comまでお気軽に!


 

Follow me!