Zoomオンライン革命!

オープンベースや個人で関わった方や、分野は違うけども、どこか目標とするものが似ている方などにインタビューをさせていただきました。こどもたちにも学校行かなくても、大人も年を取って行動範囲が狭まっても新しい学びや、いろんな生き方・働き方・世界が身近になってきているということを知ってもらいたい!
今回は、上記の本の著者で、ZOOMというツールでいろんな「場」の変革に挑んでいる田原さんにインタビューしてみました!🎤
OPENBASEさん
上記のようにZOOMに関するを出版されたり精力的に活動されていますが、これから知る方たちがZOOMをどのように取り入れたらうれしいなと思いますがか?
田原 さん
遠く離れた人と話すことが大人の世界で当たり前になってきました。
大人も、今後どう社会が変わっていくのかわからない状態ですが、ZOOMのようなコミュニケーションが社会を変えていくはずと考えています。
こどもが大きくなるころはもっと変わっているはずです。子供自身が面白いって思うものを一緒にやってたり、どんどん開発していきたいです。
今までないと思っていた想定できる範囲の外側に広がりがある、そこがどうやったら現れていくかにとても関心があります。(いろんな概念がどんどんリミットがなかった、枠の外にも世界があるということ?)
OPENBASEさん
もし学校内でZOOMを活用するとしたらどのように活用できると思いますか?
田原 さん
「常識」というものが、今いるところとそとでは違う。
それを知るきっかけが入って来る、その入り口として活用できればと思います。お互いが「この常識はここだけで通用するのか!」という発見をする。そこに、気づいて枠が拡がっていくことに繋がるように使いたいと考えています。





OPENBASEさん
現在、OPENBASEでは移動型フリースクールを実現したく、クラウドファンディングに挑戦しています。(https://camp-fire.jp/projects/view/85913)「移動型フリースクール」ときいて受けるイメージを伺ってもよいですか?
田原 さん

学校=強制する、しつけるのイメージが強い。その象徴が「学校」という建物なイメージ。学校は動かない。規則も、やり方も動かない。そのやり方にこどもが合わせていく。移動型フリースクールというのは、居場所のほうがこどもに合わせるというのは象徴的でよいと思います。

OPENBASEさん
不登校に関連する活動にも関心がおありということですが、第三者目線での「不登校」のイメージをお聞き出来ますか?
田原 さん
教育と抑圧。
教育が社会の秩序を作るために、正解の枠にはめていくところがある。
弊害が大きいと思います。抑圧が社会に出てからの暴力(パワハラなど)に繋がると思う。
既存のシステムから離れていく人が増えてきているということは、変わっていくきっかけになると思います。(システム機能不全の象徴)
離れた人が幸せになっていくことが社会がトランスフォームしていくことになるのではないでしょうか。
実際に起こっていることが真実です。
学校に行けなくなる抑圧や暴力的なことがあることを、敏感にキャッチしているのだと思います。
田原 さん
犠牲にもとづくマネージメントからみんなが去っていけば離れていけるような仕組みを作っていけると全体としてよくなるのではないかと思います。
学校から離れたこどもが、やりたいこと/方向への大人になれるかたちを協力して作っていくことが大事だと考えています。

OPENBASEさん
みなさんに聞いていますが、未来のこどもたちのために「今わたしができること」はなんだと思いますか?
田原 さん
・早く抑圧をなくすこと
・パラダイムシフトすること
そこをいろいろな方向から直していきたいと思います。
教育を「学校ありき」ではなく、ゼロベースで考えるととても可能性がある。
対話やコミュニティなどを活用して、好きなように学んでいけるかたちを作っていけば、学校より何倍も効率的に学べるのではないか?と考えています。
企業研修に入ってきているので、だんだん実現していくとは思います。
学校内に入るのは難しいが、まずは(不登校のような)学校外にいるこどもで成果を出せたらすごいなと思っています。(幸せになることをサポート、その子の学びたいことを学んでいけるサポートなど)
田原 さん
学校外にいるほうが学べるぞー!!という社会になっていくことを期待しています。

インタビュー①<<<プロフィールについては①へ

ありがとうございました!
遠いマレーシアから、隣町にいるような感じでのインタビュー。ZOOMの登場は、世界との距離を近くしてくれました。大人がまず楽しんでいますが、ルークスインフィニティなど、移動型・ノマド型の学校が増えてきている今後、こどもの教育にも今後活かしていけるツールになるのだろうと感じています! by openbase  文章担当

★最初から読みますか?★

第1話 運営スタッフ Yのマイストーリー
第2話 運営スタッフ まみーのマイストーリー
第3話 OPENBASEができたわけ①
第4話 OPENBASEができたわけ②
第5話 No Limitsとの出会いからOPENBASEへ
第6話 こどもにリーダーシップを渡して気付くこと
第7話 HSPの特性を理解すること
第8話 不登校はかわいそうですか?
第9話 小さな違いが認められない社会なら大きな違いをまず体験してもらおう①
第10話 ロールモデルを知ることから拡がる選択肢
インタビュー編 リモートワークで働き方を変えるタナカミカさん
インタビュー編 世界と対話できるZOOMというツールで革命を起こす田原さん① 


Follow me!