居場所活動をもっと気軽に知ってもらうため、OPENBASEのこれまで、そしてこれからを連載してみました!
本日は、第10話。「小中高行かずに大学にいった話」と題して、よっぴ&まりんさんの講演会のお話し。

世間はマイノリティに無関心ということを痛感する

「小さな天才の育て方・育ち方」という本をこどもが学校休み始めのときに読みまして。
コレ↓↓

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

 

大人が書いた、不登校や学校へいかないことに関する本は、たくさんあるのですが、おこさん側(今は大きいですが)が書いた部分があります。そして、不登校改善の仕方、とか○○させ方、とかが多い中、「育ち方」というこどもが受け身でない印象のタイトルに目が留まったわけです。

まだまだ、「不登校ってこう受け取られるんだ」という偏見の強い時期でもあったので、講演会で各地をまわっているというブログの記事を拝見して、思わず申し込んでしまったのがはじまりでした。

ただ、開催にはいろいろなことが必要だということに頭が回っていなかったというか、ほぼ1人で用意しなければならないのに、勢いだけで講演依頼をしてしまい、終わるまで無事に開催できる胃がキリキリしていたのを覚えています(汗)。

ちらし作成も実費。
置いてもらえるところを回るのも、もやもやすることが多かったです。
無料・ボランティアのイベントではないからおけないとか、後援がないから個人とみなされるので置けないとか、小・中・高行かないのを推進してるようなのは置けないとか。。

言ってはなんですが、不登校に限らず、困っていて情報を必要としている人がいたり、知っていたら助かるだろう、希望が見えるだろう、というようなお知らせ・情報より、団体のかたちがしっかりしていれば、なんの目的だかわからない自己啓発のようなイベントや、サークルの発表会みたいなのの情報は、特に管理されずに置いてもらえる。ものすごく違和感を感じました。
困っている人はずっと苦しんで、楽しめる余裕のある人は、さらに楽しいことがたくさん提供される。

不登校というより、ちらしを置いてもらえないことより(最初から簡単ではないとは思っていたので)、世の中に虚しくなっていました。

オトナの学び 頼ることを覚える

人に頼らずに全部、自分でやることが大事。
だんだん、そうではないことも理解しつつあっても、考え方の癖というのはなかなか抜けないものです。

不登校になって、学校という集団の中から出てしまったこどもたちのことを考えると、個人で決めることができる力がある反面、すべてを自分で背負ってしまおうとする可能性もはらんでいると思っています。

集団から出たからこそ、「人」とはオンラインでもリアルでもいいけど関わってほしい。
と思っている大人のほうが意固地に自分ですべてをやろうとするのも説得力がない。
この講演会開催は、自分にとっても「頼る」の勉強の機会となりました。

仙台との連続開催となったため、交通機関等の調整で連絡を取り合うことになった方々。以前開催されたときのアンケートの取り方や流れのわかりやすい情報を提供してくださいました。

わたしのなかではちょっとした驚きで。
というのも、それまで奪っていく人はいても、駆け引きなしに提供してくれる(しかも実際にお会いしたことがない)方たちに会うことが少なかったからです。

連携プレーで乗り切るという体験

中東イベントでもそうでしたが、運営ほぼひとりでは、いろんなことまかないきれないのですが、極力一人でできることはしました。が、当日のあれこれ、やはり体調を保てるかとても不安なままでした。

しかし、自然と受付をやってくださる方、車の送り迎えを承諾してくださった方、前の日のおもてなし(懇親会)担当してくださった方、夜の街を案内してくださった方。

連携プレーにより、私単純に「お呼びしてコーディネートしただけ」の人になれました。(笑)

詳細は、よっぴー&まりんさんのブログをみてみてください。

頂いた感想

終わった後にアンケートを書いていただきました。(これも仙台開催のみなさんから教えていただいたポイント✨ 自分じゃ、そこまで考える余裕がなかったと思われますm(__)m)

個人情報なので、ざっくりご紹介すると・・・

<こども>

学校行かないことで、学校で勉強やってないことはダメなことだと思ってたけど、家でもたくさん勉強したり、高校から通信に通ったりして、大学行けるから大丈夫♪

<親御さん>

こどもが学校行かなくなって、将来が心配だったけど、小・中・高行かなくても大学に行ける道があるんだ、と聞いて少し安心した

といったような内容のものが多かったです。

こどもも、ある程度大きくなってくると、「学校行かないと…」「将来が…」とか「進学できない」とか夢を持っちゃいけない、持っても叶えられない、というあきらめモードも出てくるのですが、

学校行かない=進学できない、勉強しても意味ない

ではなく、「学校に行かないこと」と「学び」はべつものだということを少し認識してくれたのではないかなと感じています。

関わってくださったみなさん、今さらですが(笑)ありがとうございました!!

【あと終了まで9日。協力お願いしますm(__)m】

こちらもやっています。
まずは地方に選択肢や気軽な相談場所がない問題を解消したい。
移動式フリースクール兼きがるに相談できるイベントなどでの相談カフェを開催したい!
クラウドファンディングご協力よろしくお願いしますm(__)m
0円シェアのみのご協力も大歓迎です✨(情報シェア)

Follow me!