不登校スキル

不登校になったときの地方の現状

社会の流れ的にはだいぶ、不登校というものの偏見は少なくなってきましたが、やはり「将来どうするの?」といった世間からの質問は多く、実際地方にいるうえでは選択肢がまだまだ少ないのが現実なので、現状何ができるのか整理してみました。 多くの場合、...
不登校スキル

不登校対応する人に最低限共有しておいてほしいこと 不登校のタイプと段階

だいぶ、以前からのタイプ分けでは収まらない多様な学び=不登校ではない、学校へ行かない層も認められつつあるので、一概には言えないのですが、学校や相談機関の方が、このベースのタイプや段階、教育機会確保法すら知らない、ということはよくあり、それは...
不登校スキル

地方の不便さは、不登校から多様な学びへの近道なのかもしれない。

窓口のなさ、専門家のレベルや絶対数の問題 地方にいて不登校になると、まず相談窓口に困ります。 学校のことだからありますよ、ちゃんと。各地方自治体や機関が。 でも、当事者が必要な情報があるか、そしてそれを判断できる人たちがいるかとい...
不登校スキル

何のための勉強するの? 不登校の情報は学校行っている子にも有効。

学校行かなくなると、進学に困るよ、将来困るよ、と(以前に比べて少なくはなってきましたが)学校に戻そう(とはいかなくても学校に戻れればいいね♪という常識はそのまま)がデフォルトの不登校ですが。 単純に、 ・進学に困る 通信制...
あたらしいまなび

未来と世界をつなぐHachinoheダイバーシティ計画@はっちに参加しました。

6月8日にはっちで行われた 未来と世界を繋ぐHachinoheダイバーシティ計画に参加してきました。 視線入力の関係から、島根大学伊藤先生、ユニコーン社中島さん、沖野さん。 分身ロボットOrihimeに関連して、オリィ研究所の常田...
タイトルとURLをコピーしました