クラファンを機に、いろいろと連載しています。

・活動ではない部分の、親の心情やリアル
・どんな思いがあってのイベント開催か
・周知や、「不登校」というもののイメージの変革

今回をきっかけに、
走り続けてきただけのものを振り返って、今後を考える機会になったと思います。

 

「移動型フリースクール」
を居場所を持てない、行きづらいこどもたちに提供できたらという想いもホント、不登校のリアルを知ってもらいたい(支援ではなく、選択の分野のひとつだ)ということもホント。

ただ、支援ではないにしろ、経済のなか(クラファンなど)に福祉・教育分野に絡めることの難しさを感じています。

 

成功してもしなくても、
「居場所」を移動することは工夫して実施していくでしょう。

もちろん、成功できたら、思ったかたちでできますね。

ただ、たどり着きたいのはどこなのか、は忘れずに進んでいきたいと思っています。

来年度より、OPENBASEは

居場所

学び(学習サポート)

の2つのかたちに分ける予定です。
詳細は、随時こちらのHPやブログにてお知らせします。

別途、単回イベントやセミナーは開催します。

今日は、PTM(保護者と先生の学びあい)の場をZOOM上で、21時より行う予定です。
普段、担任の先生には聞けないこと、疑問に思ってること、相互の現状を知りあうきっかけと
なればと思っています。

様子については、また後日ブログにてアップいたします。

       クラウドファンディングもあと数日、ご協力よろしくお願いします。

 

Follow me!