学校へ行きたがる子が増えてきた?不登校のいま。

あたらしいまなび

「嫌い」を大事にすることは、自分を理解し愛すること | オヤトコ発信所
こんにちは。 AI-am(アイアム)の 星山まりん です。 好きなものは多いほうがいい。じゃあ、嫌いなものは? 嫌いなものは、ときには好きなもの以上に、自分の輪郭を際立たせてくれる。 好き嫌いは、なくさなくていい。 「好き嫌いせずに食べる」のはえらいことじゃない 親はよく子どもに「好き嫌いせずに」と言うけど、ちょっと見...

もともと、「嫌い」「嫌」は消す必要のない感情だとは思っています。

学校に対して感じる不登校の子も、自分のこころとからだを守る防衛本能に長けているともいえると思います。、

好き・嫌い、快・不快を見極めることは、自分の価値基準を明確に理解していく流れなのかもしれません。

自分はなにが不快で、何が好きなのか、だれといて心地いいのか、何がしたいのか、それが見えたら動きだす。

嫌い、イヤ、大事。
すべてがポジティブ、好き・キラキラ、じゃなくていい。
そのほうが自分が見えてくる。

そして、ここ最近、「学校いってみようっかなー」という子が増えている気がします。それは、不登校改善したわけでも、学校に完全に戻るのとも違う、多様な学びが少し社会に浸透してきたことで、境界線がゆるくなってきているのだと思います。

学校休み=怠け、じゃない捉え方が増えてきたのと同じように、逆に

学校行く=苦しい、レールに復帰、とだけ捉える必要がなくなってきたのではないでしょうか。

行ったり来たり、走ったり休んだり、そんな多様な選べるもの・ことがあれば、それぞれにあった道をこどもたちは自分たちでピックアップしていける時代でしょう。

編入学ももう少しフレキシブルになったら、気軽に学校いく子も増えるでしょう。

不登校、という時期を過ぎて、「自分を理解」したこどもたちが進む教育の世界はこれからどう変化していくのか楽しみです。

不登校は単なるきっかけで、教育全体・社会全体が絡んだ問題なのだとオトナたちに気づかせてくれる不登校の子どもたち(本来この呼び名は違うと思っていますが)、社会の雰囲気の何を感じて学校への関わりをし始めているのか興味津々です。✨

****こちらもやっています。まずは地方に選択肢や気軽な相談場所がない問題を解消したい。移動式フリースクール兼きがるに相談できるイベントなどでの相談カフェを開催したい!クラウドファンディングご協力のお願い****

学校を選ばない子達の未来に繋がる「移動型フリースクール&相談カフェ」を作りたい!
不登校・ホームスクーラーの居場所を数年開催してきました。全国的に居場所が増えたり、不登校が問題ではないという理解が社会的にも進んでいますが、「情報が入ってこない」「居場所があっても遠い」「仕事で連れていけない」というような地方の現実。じゃあ、『居場所のほうが必要な人の所へ動いちゃおう!』
次回のOPENBASEは 10月9日(火)@すぎのこ保育園 10時半から

( ..)φ 10月8日には、クラファン説明会をするよ!カーシェアリング、共同出店に関心のある方、ぜひお話聞きに来てください!フリースクール活動を行わない日のイベントカーの活用方法として、シェアを考えています。📓  お申込み・質問などはopenbase8nohe@gmail.comまでお気軽に!

タイトルとURLをコピーしました