「ない」は選択肢を増やせるチャンスである Active Dropoutのすゝめ。

「ない」は選択肢を増やせるチャンスである Active Dropoutのすゝめ。

以前のブログでこんなことを書きました。 高校くらいは出てほしい、中卒は苦労する、でかかるリミッター。 居場所設立当時から(現代の社会ではなかなかシステム上難しいことはあるのだけれど)、「不登校」や 「ドロップアウト」は親にとっても、こどもにとっても新しい視点と関わらざるを得ない環境に置かれるチャンスだと感じています。 ...

Return Top