不登校

世の中の動き

まなびの選択肢 と「いまのためのいま」

っとずっとこの活動は、定年後のボランティアでもなく、生活と並行してやっていくには相当難しく、小さく小さくやりたいと思っていました。広げたい、もっとサポートしたいと想いはあっても当事者として動くにはエネルギー・リソースが足りなさすぎるのです。...
あたらしいまなび

オンライン導入の嵐から考える「学びの本質」と大人の考えるちから。

どこもかしこもオンラインでいろいろなものが提供されると、いいものも埋もれます。 そして、まなびってコンテンツだけのことなのかな、という疑問も持ちます。 不登校、って終わりがはっきりしないし、そもそも終わるとか終わらないとかあるのか、...
想いや共感したもの

わかものたちは「本質」を知っている。大人たちは成長しなくていいの?

こどもたち、っていうとteenには合わない気がするし、学生と書くと自宅学習や働いている場合はどうなんだ、と思って、ちょっと古くさい表現ですが「わかもの」と表記しました。 次世代、とかもなんか違う気がしたので。 中学生主導のトークイベント...
想いや共感したもの

[当事者研究]というものを体験してみました!

OPENBASEを細々やりつつ、イクミナルという団体にも属しています。 (オンラインでの全国交流会や不登校理解セミナーなどを行っています。) オンラインということもあり、ミーティングも場所と時間を選ばないせいか、夜な夜なやっていたり...
OPENBASE居場所活動

当事者から見える世界 〜 行政と支援のすきまで〜

先週会議に参加しました。 不登校や引きこもりに関する繋がりをつくる会議。 詳細ではなくそこで感じた雑感を忘れないうちに記事にしておこうと思いまとめています。まとめるなかで感じたことが言語化されてクリアになっていき、より自分のなか...
タイトルとURLをコピーしました