まなびの選択肢 と「いまのためのいま」

まなびの選択肢 と「いまのためのいま」

っとずっとこの活動は、定年後のボランティアでもなく、生活と並行してやっていくには相当難しく、小さく小さくやりたいと思っていました。広げたい、もっとサポートしたいと想いはあっても当事者として動くにはエネルギー・リソースが足りなさすぎるのです。けれども、学校の優位性を示すためにあえてマウンティングの言葉を投げかけるような人...

Return Top