地方の不便さは、不登校から多様な学びへの近道なのかもしれない。

地方の不便さは、不登校から多様な学びへの近道なのかもしれない。

窓口のなさ、専門家のレベルや絶対数の問題 地方にいて不登校になると、まず相談窓口に困ります。 学校のことだからありますよ、ちゃんと。各地方自治体や機関が。 でも、当事者が必要な情報があるか、そしてそれを判断できる人たちがいるかというとまた別で。 いろんなところに声をかけても結局なんの進展もない。 もちろん、きちんとした...

Return Top