まなびの選択肢 と「いまのためのいま」

まなびの選択肢 と「いまのためのいま」

っとずっとこの活動は、定年後のボランティアでもなく、生活と並行してやっていくには相当難しく、小さく小さくやりたいと思っていました。広げたい、もっとサポートしたいと想いはあっても当事者として動くにはエネルギー・リソースが足りなさすぎるのです。けれども、学校の優位性を示すためにあえてマウンティングの言葉を投げかけるような人...

オンライン導入の嵐から考える「学びの本質」と大人の考えるちから。

オンライン導入の嵐から考える「学びの本質」と大人の考えるちから。

どこもかしこもオンラインでいろいろなものが提供されると、いいものも埋もれます。 そして、まなびってコンテンツだけのことなのかな、という疑問も持ちます。 不登校、って終わりがはっきりしないし、そもそも終わるとか終わらないとかあるのか、って気がします。 前提として、フリースクールにする?ホームスクールにする?学校にする?っ...

データをどう活かすか。これからのFUTOKOはどこへ向かうのか。

データをどう活かすか。これからのFUTOKOはどこへ向かうのか。

【注意】 シェア以外のデータの利用をお考えのかたは、データを正しく活用していただきたいためikuminal.info@gmail.comまでまずはお問い合わせください。 BBCで不登校が取り上げられました。「FUTOKO」としてひとつの英語の語彙になりました。 https://www.bbc.com/news/worl...

フリースクールを選びたいのではない「学びの選択肢」とは。

フリースクールを選びたいのではない「学びの選択肢」とは。

最近おかしなことになっているなと感じます。 フリースクールなどの補助など支援が行われ始め、学校外の学びが認められつつあります。 http://openbase8nohe.com/learninginsociety ただし、学校っぽい方法で。 そうすると建物が変わっただけで結局は「フリースクール不登校」が発生するだけなの...

13日(金)ははっちにて。学びが選べる地域に。

13日(金)ははっちにて。学びが選べる地域に。

よっぴー&まりんさんの講演会から始まり、中東体験イベント、中高生と大人の会、ダイバーシティイベント、PTM、短期間にいろいろと開催してきたわけですが、それぞれに目的があったのですよ。 ただ悩みのタイミングによっては響かないこともあるし、あとから言葉が聞いてくることもある。それは人それぞれなので誰にどう影響があったかは誰...

不登校が問題でなくなる方法。

不登校が問題でなくなる方法。

不登校解決! 学校復帰率○○%! なんて掲げて、ウン十万取っている方々には申訳ないですが、不登校が解決(=学校へ行くことではなく、問題ではなくなる)はそれほど費用は掛からないと思っています。 居場所活動は整理のお手伝い 不登校って周りの学校へ行っているマジョリティの数が多すぎて、 まわりに同じ環境の人ってなかなか見つか...

大人のオープンベース11月版を開催しました。

大人のオープンベース11月版を開催しました。

大人向けは久々の開催 多くの任意団体の例にもれず、いろんなこと開催するのにマンパワーや資金力などがないので、しばらく開催する余力のなかったおとな向けですが、久しぶりに開催しました。 今後は無理のない範囲で、月に1回程度開催する予定です。 こども向けの居場所は大事は大事なんですけどね。 「出れない」状態になった子に直には...

不登校という選択は学校と並ぶべきだけど、越える必要はないと思う件について(個人的意見です)

不登校という選択は学校と並ぶべきだけど、越える必要はないと思う件について(個人的意見です)

不登校に対する社会の動き [blogcard url=”https://www.asahi.com/articles/ASMBT2RNQMBTUTIL004.html?fbclid=IwAR2sz1tv09Lud1mqhjj_nazEdjPcz-RJvdCexp3nc3H7V89wQwnV8ecNPv4&#...

不登校ってなんですか? 真剣に答えてくれる方たちが揃います(5日八戸にてトークセッション開催)

不登校ってなんですか? 真剣に答えてくれる方たちが揃います(5日八戸にてトークセッション開催)

不登校って何ですか? 当事者経験があったり、保護者としていろんな学校とのやりとりなどをしていると感覚的にはわかってきます。しかし、周りに共通の環境の人がなかなかいないことで、「自分のところがおかしいだけ?」と感覚的なものだけに自信がなくなってきます。 ある程度、こどもにとってこれが良いこと、これは苦しいだろうこと、マイ...

Return Top